若者正社員チャレンジで正社員就職する2ヶ月スケジュールの作り方

SHARE

若者正社員チャレンジで正社員就職する2ヶ月スケジュールの作り方

20日間の実習があり、興味のある会社で試しに働けるのが過去参加者に大好評の若者正社員チャレンジ。

若者正社員チャレンジの強みは、実習で本当に合った会社に安心して入社できるところ。

29歳以下のニート・フリーターの正社員就職を応援するプログラムなので、学歴が全く関係ないところも魅力です。高卒の方、ニート歴が長い方もたくさんいます。

では、そんな若者正社員チャレンジとはなにかを簡単に説明しつつ、そのプログラムを使って正社員就職を1ヶ月で叶えるスケジュールを一緒に作っていきましょう。

若者正社員チャレンジとは

20代ニートやフリーターなど、正社員経験のない人の正社員就職を応援するプログラム。

利用は無料です。

これに登録している企業はすべて、経験より若い意欲を重視しており、若手をほしがっている企業です。

このプログラムは20日間の実習があるため、2ヶ月ほどで就活が終えられると見ておくと良いでしょう。

若者正社員チャレンジを使った正社員就職までの2ヶ月スケジュール

プログラムを使って2ヶ月で内定を叶えるまでの流れをスケジュール帳に書いてイメージしてみましょう。 

おおまかなスケジュールはこんな感じ。これから一緒につくっていきます。

セミナーが多めなので番号がすこし多くなりましたが、流れにのって受けていけばよいものなので難しいものではないです。

スケジュール帳がある人は出して、ない人は紙にこの先2ヶ月ぶんのカレンダーを簡単に書いてください。自分でわかればよいので、雑で大丈夫です。

①登録

まずは若者正社員チャレンジに登録します。登録すると、専任の担当スタッフがカウンセリングでプログラムのことを教えてくれます。

あなたのスケジュール帳の今日の日付に、「①登録」と書き込みましょう。写真では11月1日に登録する設定です。

今簡単な登録作業ができる人は、ここからその場でやってしまいましょう。この⇩青いボタンを押して1分でできます。

若者正社員チャレンジ事業

まだちょっと不安だな、全部読んでからにしたいなという方にむけて、記事の一番最後にもサイトを貼っておきます。

今でも最後でもどちらか好きな方でやってください。

②事前カウンセリング

スケジュール帳の今日(①登録)から数えて2日後に「②事前カウンセリング」と書き込みましょう。写真では登録が11月1日なので、カウンセリングは11月3日です。

カウンセリングは登録からだいたい1週間以内にはやってもらえるので、今回は仮に2日後としておきましょう。

あなたに合った日程の中から、担当スタッフがカウンセリングの日程を決めてくれます。この担当スタッフは怖くて厳しい人ではなく、みなさん優しいです。(書き手自身がこの仕事をしていました。)これから正社員就職をしたいな、と思っている人たちの悩みや希望を聞き慣れているので、驚くほど親身に相談に乗ってくれます。

③事業説明会

若者正社員チャレンジの全体説明会です。スケジュール帳の②の事前カウンセリングの2日後を「③事業説明会」と書き込みましょう。

写真では11月5日です。

これ以降説明会やセミナーがいくつかあるのですが、そこで新しい就活仲間ができるのもいいところです。

④事前セミナー1日目・2日目

この次に各企業が自分たちの仕事内容などをプレゼンしにきてくれるので、それまでに必要な業界の知識を習えます。

スケジュール帳の③事業説明会の次の2日間を「④事前セミナー1日目・2日目」と書いておきましょう。

下の⑤といっしょの写真で11月6日と7日です。

⑤合同企業説明会

若手をほしがっている各企業がプレゼンをしてくれます。実習に行ける企業の顔ぶれをここで初めて見られます。スケジュール帳の事前セミナーの次の日に「⑤合同企業説明会」と書きましょう。

写真では11月8日です。

⑥実習前セミナー1日目・2日目・ピットインセミナー

事前セミナーの1週間後に今度は実習に行く前に必要なビジネスマナーなどを学べる3日間のセミナーがあります。事前セミナーの1日目からちょうど1週間後の3日間を「⑥実習前セミナー1日目・2日目・ピットインセミナー」と書いておきましょう。(ピットイン=調整、準備という意味)

写真では11月13・14・15日です。

⑦実習

いよいよ実習です。ここまでのどこかの段階で実習先の希望を出し、実習先が決まっています。20日間、実際に企業で社員のように働いてみる期間です。⑥の実習前セミナーの1日目からちょうど1週間後〜20日間を「⑦実習」と書いておきましょう。写真では11月20日〜12月10日です。

ここで本当にその企業の人はいいか、仕事は記載どおりかなどを知ることができます。

あなたが初めて働くことは、企業もきちんと理解があります。歓迎され、ゼロから優しく仕事を教えてもらえます。

⑧応募・選考

実習に行った企業を気に入ったら、そこに応募して選考を受けていけます。

実習の終わった次の日から1週間を「⑧応募・選考」と書いておきましょう。写真では12月11日から17日です。

実習で熱意を見せることができていれば、基本的には信頼してもらえているのであまり構える必要はありません。

⑨内定

めでたく合格です。⑧の応募・選考の最終日の次の日を「⑨内定」と書いておきましょう。写真では12月18日です。

あなたも自分の1ヶ月スケジュールはできましたか?

だいたいこんなスケジュールで就活を2ヶ月で終えて、あなたに合った企業で正社員になれます。

具体的なイメージがわいてきたんじゃないかと思います。やってみれば意外とスピード速く終われちゃうんですよ。

ではここから最後に、若者正社員チャレンジで高卒・専門卒フリーターから正社員就職を叶えた先輩の声を見てみましょう。

 若者正社員チャレンジで高卒・専門卒フリーターから正社員就職を叶えた先輩の声

1人あたりのインタビューがかなり長いので、2人だけのせておきます。さらっとみてください。

①専門卒▶️フリーター▶️プログラマー

②大学中退▶️フリーター▶️会計事務所

ここに載せきれなかった方も含め感じたのは、みなさん前向きで意識が高い。20日間の実習で本当に合った企業と出会おうとしているからか、その後もやりがいを見つけ活躍しているようです。

若者正社員チャレンジに登録して、2ヶ月で正社員になれるスケジュールを叶えよう

最後に、若者正社員チャレンジの特徴をまとめます。

  • ニート・フリーターの人を応援するプログラムなので、高卒フリーターだからと心配はいっさいいりません。若い人が欲しい優良企業って、世の中無限にあります。
  • 100社以上の、働く意欲のある若い人を求めている企業と出会える。就活は意外と難しくないんです。
  • セミナーで仲間ができる。実習で本当に合った企業かじっくり見られ、安心して入社できる。
  • 2ヶ月で正社員就職ができる▶️就活って時間かかりそう…と思っていたあなた、たった2ヶ月でセミナーと20日間の実習ができ、希望の企業に内定できます。自力ではできないことです。

こんなふうに、たった2ヶ月で好きな企業と出会い、実習で思う存分見たあとに正社員就職ができるんです。意外と簡単に思えてきましたか?

こうやってあなたにあったサービスを使えば、こんなにサクサク就活は終わらせることができます。

若者正社員チャレンジにまだ登録していない人は下のリンクからサイトに行けます。

登録してまずはカウンセリングしてもらうところからスタートです。そこが一番めんどくさいとは思いますが、1分の登録と、どんなに長くとも2時間のカウンセリングで、2ヶ月後の正社員就職が叶うって考えたら、最高ですよね。

スケジュール帳に書いた2ヶ月で叶える正社員就活を、若者正社員チャレンジで本当に叶えましょう。

若者正社員チャレンジへの登録はここから。

若者正社員チャレンジ事業

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です