お店で働く仕事なら?飲食特化転職に強いアイティケーとエフジョブ比較

SHARE

お店で働く仕事なら?飲食特化転職に強いアイティケーとエフジョブ比較

  • カフェ・レストランで働いてみたい
  • かわいいお店で働くのが憧れ
  • 事務のようなパソコン作業は嫌い
  • 接客関連の仕事につきたい
  • お客さんの笑顔が見られる仕事がしたい

こんなふうに、「お店で働いてみたい」と思っているあなたに。

飲食店特化のサイト2つを比較しながら、それぞれの良さや向き不向きを紹介していきます。

今回比較するのは

  1. 求人数最多。飲食店専門の民間版ハローワーク「アイティケー(itk)」
  2. おしゃれ店舗が多い。飲食専門の求人サイト「エフジョブ」

①求人数最多。飲食店専門の民間版ハローワーク、アイティケーとは

アイティケーは民間版ハローワークと言っているだけあり、求人数と実績がトップ10000件の中から提案してもらえます。アイティケー自体が求人・転職支援・人材紹介・派遣と様々な形態で飲食業界を斡旋しているから、数やノウハウといった面で強いのです。

②おしゃれ店舗が多い。飲食専門の求人サイト、エフジョブとは

一方エフジョブは、見た感じもう少し女性向け要素が強いです。とにかく数を載せているアイティケーよりサイトのカテゴリーなどが使いやすい。「女の子がわくわくしながら働く店舗」「女子向けのサイト」にこだわっているところが伺えます。

③求人の比較:アイティケーは大手にぎやか店舗に強く、エフジョブは雰囲気あるおしゃれ店舗に強い

ではアイティケーとエフジョブはそれぞれどんな求人を持っているのか、掲載企業から見てみましょう。全部何系の店か調べましたw(エフジョブの1つだけ小さすぎて読めなかった)あなたはこれを見るだけで、調べなくとも傾向全部わかります。

アイティケーの求人

採用人数が多い、規模が大きいメガ企業が多い。丸亀製麺、がってん寿司、俺の〜系列、牛角、安楽亭などエフジョブよりは一般的に親しまれている感じのカジュアルなお店が多い。ファミリー、同僚、友人とわいわい行く系の店舗が多数。和気あいあいとした賑やかな親しみのあるお店で働きたいならこっち。またそれ以外のラグジュアリーなレストランもあるが、共通しているのは全国展開、多店舗展開で数が多いところ。

職場仲間とわいわいしたい、付き合いを広げたい派におすすめ。

エフジョブの求人

イタリアンやバーなど、カップルがデートに使う系、大人が食事を楽しみに来る、またはおしゃれな女子どうしで来て盛り上がる感じの雰囲気のあるお店が多い。この中で有名なのは駅ナカによくある女性向けのスープストック、クリームたっぷりのパンケーキで誰もが知っているEgg’sn Things、リバーサイドのおしゃれレストランT.Y.harborあたり。

かわいい店員さんになりたい方、内装や景色のおしゃれなお店で働きたい派はこちら。店舗の人は普段からおしゃれで、そのお店の店員であることに誇りを持っている人が多そう。

④サポート体制の比較:アイティケーは面接同行までしてくれ抜群、エフジョブはごく普通

それぞれが持っている求人の傾向がわかったところで、実際応募したらコンサルタントはどんなサポートをしてくれるのか、についても見ていきましょう。

アイティケーのサポート

アイティケーは各企業と太いパイプでつながっていることが多く、専門キャリアプランナーからの推薦での応募という形になるので、書類選考通過率が抜群にいいとのこと。

また珍しいのは面接にキャリアプランナーが同席してくれるところ。従来では求職者自身の力に依存していた面接まで、あなたが伝えきれなかったこともプロが助言してくれる。特に緊張しやすい人やここは絶対通したいという企業がある人には嬉しすぎるサポート。なにか悩みやつまづきがあれば、入社後までアドバイスをくれます。

エフジョブのサポート

異例なほど徹底的にサポートするアイティケーと比べればごくふつうのサポート。他社エージェントもやっているようなの基本的なところは全部やってくれます。

使いやすいのは、希望のヒアリングは直接でなくとも電話・メール・面談どれでも可能なこと。直接出向くのは面倒だな..という方、忙しい方や遠方の方にも最適です。

強みは特に3つ目に書いてあるように、求職者の希望に全力で合わせてくれるところ。こういったエージェントを使った際、自分の興味とずれているなど紹介案件はピンとこない方もいます。そんな中でもしミスマッチがあってもさらに声を反映して提案してくれるのはありがたいサービス。

⑤その他の特徴:アイティケーは優良企業揃い、エフジョブは職種がいろいろ

最後にサイトを比較していて目立った特徴を1つずつ取り上げます。

アイティケーの特徴:労働環境しっかり配慮の優良企業揃い

労働環境を整えている優良企業が多い。飲食にありがちなブラック企業に直面する可能性はなかなか少なそうです。もちろん事前にキャリアプランナーの方に聞き出せますしね。最初から労働環境に配慮した企業が揃っているのは求職者としても安心です。比較的大企業が多いことからも制度面が整っているところが多いと言えます。

エフジョブの特徴;様々な職種の募集に出会える

エフジョブでは店舗ごとにキャラのあるお店が多いこともあってか、募集職種もものすごく様々。バリスタやパティシエ、バーテンダーなどもあります。いわゆる店員以外もやってみたいと思う人や、一人一人の裁量権の大きい店舗で働きたいと考えている人には最適です。

アイティケー・エフジョブを使った人の声

それぞれを使って転職した人の声を見てみましょう。

①アイティケー:非公開求人・面接同行といったアイティケーのよかったところ中心

1人目:「求人サイトを見ても求人数が多すぎ選べない・1人では何から始めれば良いかわからない」→アイティケーに相談・自分では見つからない求人との出会い

2人目:独立に向け、有名レストランのためお客さんに求人を出していることを知られたくない、入れ替えを行いたい料理長の求人など、非公開求人を紹介してもらう

3人目:在職中なので日程調整の代行がありがたかった。苦手な面接に同行してもらい、サポートがよかった。就職後もコミュニケーションの取り方など相談できる。

②エフジョブ:転職事例中心。店長になりたい、給与の見合ったところに行きたいなど例が豊富

未経験でも将来店を持つための経験が積みたい、店長になりたいなどポジション面での転職例、給与が上がらない、もっと家族の時間が取りたいといった労働環境面での転職例などいろいろのっています。

 

まとめ:それぞれ補完関係。両方使うのが1番網羅できる。

これまで比べてきた2つの企業について簡単にまとめます。

  求人 サポート体制 その他特徴 まとめ
アイティケー 大手の多店舗のお店が中心 抜群。面接同行あり。 労働環境整備の優良企業揃い 大手に強い。転職・就職後の環境が整っている。
エフジョブ おしゃれな数店舗のお店が中心 普通。ヒアリングが面談・メール・電話どれでも可 募集職種が多い おしゃれな特徴のあるお店に強い。レア職種あり。

この結果から、結論としては「まずアイティケーは必須で登録し、万全のサポートをしてもらいつつ転職活動を勧める。その補完的な意味合いで、アイティケーが扱っていないようなハイセンスな店舗、珍しい募集用にエフジョブを使っていく。」

という2足のわらじ的な使い方がベストと思われます。どちらも強み弱みが明確に真逆なので。

一言で言うと両方登録して比べて傾向をつかみながら、面談でいろいろ紹介してもらうのが1番やりやすいです。

どちらにあなたにとっての運命の1店舗が隠れているかはわからないので、ぜひ両方登録して運命のお店をぜひ見つけてくださいね。登録2つやって、たった1分9秒だそうです。

(左:アイティケーのフォーム、右:エフジョブのフォーム。本当にこれだけでした。)

業界大手にぎやか店舗に強い、アイティケーはこちら。

飲食特化型の求人

 

雰囲気あるおしゃれ店舗に強いエフジョブはこちら。

【エフジョブ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です