地方創生ブログのおすすめを紹介

SHARE

地方創生ブログのおすすめを紹介

  • 移住に少し興味がある
  • 都会の暮らしに疲れてしまった
  • 田舎はどこも同じに見えて、具体的にここ!というのがない
  • 田舎暮らしをしてみたい
  • 移住体験に興味がある
  • 地域おこしにちょっと興味がある

このあたりに当てはまるあなたに、全国の地域おこし協力隊を輩出している「地方創生プロジェクト」のサイト記事を紹介します。働き方・移住者や体験者募集・東京での交流イベントなど全国の地域の生の情報を知れ、最初の情報集めにぴったりなんです。

地方創生プロジェクトとは:地域に住む人が生の声をくれるメディア

まず、地域おこし協力隊とは、地方での暮らしに興味がある方とそんな方々を受け入れたい!という地方自治体の架け橋になる人たち。1年から3年の任期つきで、各地に住み込み、現地で働いたり情報発信をしています。

地方創生プロジェクトはそういった地域おこし協力隊や地域の人たちが力を合わせ、各地の生の情報を伝えていくメディアです。

地方創生プロジェクトの記事がおすすめな理由3選

実際の記事を取り上げながら、地域に興味のある人にとっておすすめな理由を見ていきましょう。

①全国の情報が知れる

この地域に言ってみたい、という希望があらかじめ決まっている方はほぼいません。ですが一般的な移住ブログで語られるのはその人の狭い移住地域の話のみ。そこに行きたいのであれば大いに参考になりますが、もっと大きくあちこちの話や、田舎暮らし、地域情報の全体像を知りたい人は多いはず。そんなふうに地域暮らしの情報をいろいろ掴むには最適なメディアです。

例えばこんなふうに、シングルマザーの方向けに支援の受けられる大分や島根の情報が載っています。

他にも、若い人の移住が増えてきている話やそのための取り組みなんかも多く取り上げられています。真ん中のように地域ごとのピックアップもあります。

この地方創生プロジェクトで全体像をつかみ、興味のある地域が出てきたらピンポイントでブログで探してみる、などもいいかもしれません。

②イベント・体験移住・田舎暮らし体験の情報が豊富に回ってくる

いきなり移住できる方は基本的にいません。不安が大きすぎますよね。地方創生プロジェクトでは、「ちょっと興味があるんだけど」「まずは見てから考えたい」という方向けに、都内のイベント・全国の日帰りから行ける体験移住ツアーや田舎暮らし体験の情報をたくさん発信しています。ぜひ有効活用してください。嬉しいツアー費無料などもあります。

例えば最近発信されているのは、全国の地方自治体が主催する移住・交流イベント。都内で開催され1日で全国の情報が一気に知れます。こういった定期的に開催されているイベント情報を受け取れます。

③各地域の仕事・子育てなどの情報をタイムリーに知れる

地域暮らしで大事なのはなにより周辺環境や制度。どんな仕事があるのかや、子育てはしやすいかなど現場にいる人にしかわからない生の声が発信されています。

例えば下の記事では、秋田県の義務教育が優秀な点について書かれています。これからお子様が学校に通う方は気になるはず。

子供が少ないという田舎特有の事情を逆手に取り、小学校中学校の低学年の段階で20人以内の少人数指導を実施。結果一人一人への教育の質が上がったそうです。例えば朝読書や討論を取り入れた結果、国語の成績が全国ですば抜けているそうです。また勉強の下地となる朝ごはん、早寝早起きなどの基礎的な習慣を家庭と連携して作ることに力を入れています。

こういう情報は、やはりこんなふうに取り上げられないとなかなか知れませんよね。

地方創生プロジェクトへの無料登録で全国の地域情報をつかみ、気になる地域を見つけよう

ここまで見てきた地方創生プロジェクトの記事をまとめます。

  • 全国の情報が知れる
  • イベント・体験移住・田舎暮らし体験の情報が豊富に回ってくる
  • 各地域の仕事・子育てなどの情報をタイムリーに知れる

こんなふうにお得に全国の地域情報がつまった地方創生プロジェクト、無料登録で上のような情報を受け取れます。

ちなみに登録フォームに定住希望時期の項目がありますが、びびらずに「将来的に考えたい」「興味はあるがまだ具体的でない」で全然大丈夫です。県もなんとなく興味あるかな、くらいでつけておきましょう。暖かそうだから南のほうがいい、とかで大丈夫。

地域のここでしか知れない情報がつまった地方創生プロジェクト、サイトと無料登録は下のリンクから。地域暮らしの情報をまずは集めて、ここいいかも、という地域を見つけてみてください。

今移住や2拠点生活を叶えている人たちは、徹底的に情報収集して、自分でイベントや窓口に行ってみた人たちです。まずはいちばんハードルの低い第1歩として、地方創生プロジェクトの記事を読んで全国各地域の魅力にたくさん触れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です